ムダ毛処理とはオサラバ!痛くない脱毛できれいな肌を!

脱毛処置ってどんな痛み?

脱毛を受けようと思っていても、「とても痛いんじゃないかな」と不安でなかなか決断できないという方もいるのではないでしょうか。脱毛に関する痛みとは、肌の表面部分に感じる痛みになります。個人の主観によるものなので多少異なりますが、「パチッ」と弾かれるような痛みに近いといわれています。全ての脱毛方法が痛いわけではありません。したがって痛みに弱いという方には、痛みの少ない光脱毛や麻酔などを使って痛みを抑えてくれる施術を行なうクリニックやサロンを選びましょう。

最も痛い部位は「VIOライン」

全身の中で、脱毛において最も痛いとされている部位が「VIOライン」になります。「Vライン」は体の正面から見たときのアンダーヘアの両サイド、つまり「ビキニライン」と言われる部分です。「Iライン」は女性器の周辺から足の付け根にかけての部位、「Oライン」は肛門周辺になります。VIOラインの中でも痛みが強いと言われているのはIOラインになります。粘膜が近く皮膚の薄い部位であることから少しの刺激でも敏感です。

痛くない脱毛部位はどこ?

痛みを感じにくいと言われている部位は、手や足の甲や指毛など細くて柔らかい毛の生えるところになります。個人の感じ方には違いがありますが、レーザーや光を照射しても、温かい程度にしか感じないという場合もあります。ここに生えている毛は、顔などに生えている産毛と違い、「軟毛」と呼ばれる毛です。この毛は照射の光が反応しにくい部分のため、刺激を感じにくいといった特徴があります。しかし、反応しにくいということはその分脱毛しにくいという意味でもあるので、複数回の施術が必要というケースもあります。

濃い髭が気になっているという人もいますが、そういった時には男性専門の脱毛サロンに行くことです。プロの施術であれば、痛みを感じずに済みます。