皮下脂肪からセルライトまで!美容外科で受けられる痩身法について

頑固なセルライト除去ならこの方法!

ふくらはぎや太ももなどについてしまったセルライトは通常の運動やマッサージなどではなかなか落ちないですよね。そこで、美容整形を受けることもひとつの方法です。セルライト除去には「キャビテーション」と呼ばれる方法があります。この方法は、超音波を当てることでセルライト、つまり脂肪細胞膜を溶解させることができます。元々は、ロケットエンジンで起きる現象を応用した方法で、溶けた脂肪はリンパに取り込まれて尿などによって体外へ排出されます。

脂肪溶解注射のメリットとは?

痩身法には、超音波を当てる方法の他にも注射によって効果が得られるものもあります。「脂肪溶解注射」と呼び、痩せたい部分に「フォスファチジルコリン」という脂肪を溶解する成分のものを注射することによって脂肪を溶かし、体外へ排出する仕組みになっています。なお、脂肪を溶解する成分の他にもビタミンやカルニチンなどの成分もブレンドすることがありますが、クリニックによってブレンドの内容や量は異なります。メスを使わない方法なので傷跡が残るといった心配はありません。

トゥルースカルプの威力とは

トゥルースカルプは、従来の超音波よりもさらに安全性が高いことが特徴です。従来の超音波法による痩身法はどうしても火傷のリスクが生じてしまうため、脂肪細胞を壊せる温度で照射することができませんでした。しかしこの方法なら脂肪細胞を破壊できる温度でも火傷の心配がありません。破壊した脂肪細胞をリンパに吸収させ体外に排出することで効果を得ます。しかし、体外に排出されるまでに8時間ほどの時間がかかるため、1度の施術で劇的に変化するということがありません。

恵比寿の美容外科の中には無料でカウンセリングを行っているところもあるので、初めてこういったところを受診する場合も安心です。