初めての美容整形ならコレ!プチ整形を選ぶコツ

プチ整形ってどんなもの?

プチ整形というと、二重まぶたにする整形を想像する方が多いですよね。実は目元以外にも様々な種類の施術方法があるんです。目元であれば、「二重埋没法」「挙筋法」「涙袋形成」などがあります。鼻筋や顎には「ヒアルロン酸注入」や「レディエッセ」などがあります。その他、しわやほうれい線解消の方法や、プチ豊胸術、ふくらはぎボトックスなどもプチ整形に含まれます。しかし、どの方法にもメリットやデメリットがあるので、自分にあった方法を選択することが大切です。

鼻筋の美容整形の種類は?

鼻筋の手術の中で、最も多い要望が「鼻筋を高くしたい」「鼻筋をシャープにしたい」といったものです。その中でも、プチ整形にあたるのが、ヒアルロン酸注入による隆鼻術になります。この方法は鼻筋にプロテーゼやアパタイトなどの人工物を入れないので、患者への身体的負担が少ないことが特徴です。また切開しない方法なので、傷跡が残ったりという心配がありません。しかし、デメリットとしては効果が永久的ではなく、個人差がありますがおよそ6ヶ月から1年ほどとされています。

ボトックス注射って?

プチ整形では、ボトックス注射による施術も行なわれます。ボツリヌス菌を注射することによって、筋肉を萎縮させて効果を得ます。シワやたるみの気になる部分に使うと、筋肉が原因によるシワなどを解消し、肌を引き締める効果があります。エラ部分に注入すると、すっきりとしたフェイスラインになるため小顔効果が得られます。施術時間も5分ほどと大変短いことがメリットですが、永続的な効果ではないので定期的に施術を受ける必要があります。

膣縮小の手術に取り組むにあたり、治療実績の優れている美容外科のクリニックにサポートを依頼することが必要となります。