ムダ毛の手入れが永久的に要らなくなるかも!永久脱毛は医療行為

ムダ毛の手入れに苦労していませんか?

ムダ毛の手入れを行っていても、直ぐにムダ毛が伸びて来てしまい、黒いブツブツのような毛が毛穴から出て来るなんて経験をしている人も多いのではないでしょうか。人の身体の生えている毛には毛周期と言う毛の生えるサイクルが在り、成長期の毛はムダ毛処理をしても成長し続けるため、どうしても毛が伸びて来ることになります。また、退行期を迎えて毛が抜け落ちても、発毛組織が活性化する事新しい毛が生えてくるなどで常にムダ毛処理をしていく必要が出て来ます。

永久脱毛はムダ毛の手入れが要らなくなる理由

脱毛は成長期の毛に対して処理が可能になるもので、退行期や休止期に入っている毛は再び伸びて来ます。しかし、繰り返して脱毛の施術を受ける事で休止期に入っていた毛が退行期を迎え、再び生えて来た段階で脱毛を行えば綺麗な肌にすることが出来ます。脱毛の中でも永久脱毛は毛が生えて来ない状態になる方法でもあり、永久脱毛の施術を受ける事でムダ毛処理をしなくても良い状態になると言うメリットもあることからも注目が集まっているのですね。

永久脱毛は発毛組織を破壊する必要があります

永久脱毛を行う場合、発毛組織の機能を破壊しなければなりません。脱毛サロンなどのお店で行われているフラッシュ脱毛は発毛組織の機能を停止させる、機能を弱める効果はありますが、組織を破壊することは出来ません。しかし、クリニックで行われている医療レーザー脱毛はレーザー光線により発毛組織を壊すことが出来るため、脱毛の処理は永久性を持つ事からも、永久脱毛を行うことが出来ると言う事です。尚、発毛組織を破壊することが出来るのは医療脱毛のみであり医療行為になります。

医療脱毛は、医療用のレーザーを使って施術をするためすぐに効果を実感できます。麻酔をしてからレーザーの照射をすることも可能です。